生姜ってどんなの

生姜とは

生姜は、3世紀ごろ中国から日本へ伝わってきました。

 

 

中国では紀元前500年頃にはすでに薬用として使われていました。

 

 

日本においても、医療用の漢方薬の約7割に生姜が使わrています。

 

 

生姜にはいろんな種類のものがあり、どの生姜でも効能には違いはありません。

 

 

生姜には、「ショウガオール」という
体を温めて血行を良くして代謝を上げる成分があり、
ダイエットや糖代謝の促進、血液サラサラ効果があります。

 

 

また、「ジンゲロール」という
免疫力を高めてくれる成分も含まれています。

 

 

これらの成分の薬効によって、
約30種類以上もの病気の予防や改善ができるとされています。

 

 

ほとんどの病気や体調不良は、
体の冷えと免疫力の低下が原因とされています。

 

 

冷えの多い現代人にとっては
生姜は必要な成分の宝庫といえるでしょう。