生姜と肩こり

生姜と肩こり

生姜と肩こり

生姜と肩こりの関係

生姜肩こりの予防や改善に効果的です。

 

 

肩こりとは、症状のひとつで、正式な病名ではありません。

 

 

肩こりの症状は、項頚部から広く僧帽筋周辺の筋肉に、
こり感、重苦しさ、不快感、違和感、痛みが生じます。

 

 

主な肩こりの症状

・後頭部や首の付け根の重み

 

・後頭部や首の付け根の痛み

 

・頭から首の後ろにかけての筋肉の張り

 

・頭から首の後ろにかけて筋肉が硬くなる

 

・首から肩にかけての不快感

 

・首や腕を回したり、体操したりすると楽な感じがする

 

・頭を左右に傾けたり、振り向いたりする動作に支障がある

 

・お風呂に入り体が温まると楽になる

 

 

肩こりは、生活習慣や体質、仕事などの環境、性格などの影響を受けます。

 

 

肩こりの主な原因

・冷え性

 

・血行不良

 

・高血圧や動脈硬化などの血管疾患

 

・長時間のデスクワーク

 

・頬杖をつくことが多い

 

・荷物を片側に持つか、肩にかける習慣がある

 

・寝転がってテレビを見る、読書をする

 

・下を向いている時間が多い

 

・運動不足による筋肉の衰え

 

・ストレス

 

・自律神経の不調

 

 

しかし、肩こりの他に、めまい、耳鳴り、胸部痛、背部痛、動悸などがみられる場合、
胃の病気や心臓の病気、脳卒中の恐れなどがあるので注意が必要です。

 

 

肩こりには、上記のような様々な原因がありますが、
ほとんどは首から肩にかけての、筋肉の血行不良が原因とされています。

 

 

そのため、血行改善が不可欠ですが、
肩部分だけでなく全身の血行改善が必要です。

 

 

生姜には、全身の血流を促進し、血行を良くしてくれる効果があります。

 

 

また、生姜で体を温めるためには、
ショウガオールを摂取する必要があるので、必ず加熱して摂取しましょう。

 

 

また、薄着や冷房、水分の摂り過ぎも、体を冷やすことになるので要注意です。

 

 

肩こりは、筋肉の衰えでも起きるので、改善には筋肉トレーニングもオススメです。

 

 

生姜と肩こりの対策

@生姜、酢、ハチミツの組み合わせ

酢に含まれるクエン酸が
体内の乳酸などの疲労物質の分解を促進します。

 

ハチミツは、ビタミンミネラルを多く含んでいるため、
疲労回復にも効果があります。

 

 

A生姜、葛、紅茶の組み合わせ

葛は漢方薬の葛根湯にも使われており、体を温める作用があります。

 

生姜と葛を組み合わせると、温め効果が倍増します。