生姜と腰痛・ヒザ痛

生姜と腰痛・ヒザ痛

生姜と腰痛・ヒザ痛

生姜と腰痛・ヒザ痛の関係

生姜腰痛ヒザ痛の予防や改善に効果があります。

 

 

腰痛・ヒザ痛などの関節炎は、様々な原因で関節に負担が掛かり、
そのために炎症がおこったり、痛みがでたり、熱を持って腫れたりする病気です。

 

 

腰痛・ヒザ痛などの関節炎は老人の病気だと思われてますが、
年齢に関係なく起こる病気でもあります。

 

 

関節炎の発症の原因は、
怪我、運動不足、加齢による関節の磨耗、遺伝、栄養不足などです。

 

 

腰痛・ヒザ痛の種類

・荷重痛
関節軟骨の摩耗が原因で、関節に体重がかかったときに起こる痛み。
膝関節、股関節、足関節に起こりやすい関節痛です。

 

・寒冷痛
気温の変化により、冷えてくると関節に感じる痛み。

 

・自発痛
じっとしていて、関節を動かさないのに感じる痛み。

 

・圧迫痛
関節炎を起こしている関節を押すと感じる痛み。

 

・運動痛
関節を動かしたときに出る痛み。
関節を少し曲げていると痛みが緩和するのが特徴。

 

・心因痛
関節炎や損傷がないのに感じる痛みで、
神的なストレスなどが原因とされています。

 

・阻血痛
関節の周囲の血行不良により、
痛み物質であるプラスタグランジンの停滞や
酸素不足が原因で起こる痛み。

 

 

様々な腰痛やヒザ痛の原因がありますが、
一般的に言われるのが下半身の筋肉の衰えです。

 

 

下半身の力の低下のことを、漢方医学では「腎虚」といいます。

 

 

また、女性の場合は下半身が冷えやすく
腰周りやヒザのまわりの筋肉が衰えやすいため、腰痛やヒザ痛になりやすいのです。

 

 

 

◆生姜と腰痛・ヒザ痛の対策

@生姜風呂で半身浴

生姜風呂は、血行が促進され、全身の新陳代謝が活発になります。

 

すると、患部の血流がよくなり、
痛み成分であるプロスタグランジンが代謝され、痛みが緩和するようになります。

 

また、白血球の働きがよくなり、免疫機能が向上します。

 

 

A生姜、玉ねぎ、人参の組み合わせ

人参は、下肢や腰を強くするといわれ、
玉ねぎに含まれる硫化アリルが体を温めます。

 

生姜と併せれば、さらに効果は倍増します。

 

 

B生姜、山芋、酢の組み合わせ

山芋は足腰の弱りに良く、冷え、痛み、しびれを改善します。

 

酢は、乳酸などの疲労物質を分解します。