生姜と疲れ・夏バテ

生姜と疲れ・夏バテ

生姜と疲れ・夏バテ

生姜と疲れ・夏バテの関係

生姜疲れ夏バテの改善に効果があります。

 

 

人間の体は、高温・多湿な環境におかれると、
体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費します。

 

 

これが、 かなりの負担を体にかけてしまいます。

 

 

ほとんどの場合は、大丈夫なのですが、
過酷な環境が長引いたりすると、その暑さに対応することができず、
体にたまった熱を外に出すことができなくなりなります。

 

 

それに伴い、熱が出たり、だるさ、疲れ、胃腸の機能低下により
体が限界を超えてしまった状態を夏バテといいます。

 

 

日常生活から考えられる原因
@自律神経の乱れ

猛暑の外とエアコンで冷えた室内の温度の差により、
体力が消耗し、血流が乱れた結果、自律神経がうまく働かなくなります。
そして、自律神経の乱れにより、胃腸の不調や全身のだるさ、
食欲不振により夏バテを引き起こします。

 

A発汗の異常

高温多湿の環境が続くと、発汗の異常が起こり、体温調節がうまくいかなくなります。
また、炎天下のもとでは発汗が過剰になり、体の水分不足も夏バテを引き起こします。

 

B睡眠不足

熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなって睡眠不足になります。
睡眠不足になると、日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こします。

 

C水分不足

水分が不足すると、体温調節がうまくいかず発汗異常の原因になります。
また、水分不足は血流の悪化を招き、血流が悪くなると自律神経の乱れが出てきます。
このように、水分不足は夏バテのあらゆる原因になってしまいます。

 

 

夏バテの症状

夏バテの症状はさまざまです。

 

・全身の疲労感

 

・体がだるい

 

・無気力になる

 

・イライラする

 

・熱っぽい

 

・立ちくらみ

 

・めまい

 

・ふらつき

 

・むくみ

 

・食欲不振

 

・下痢

 

・便秘

 

 

疲れや夏バテは、上記のように、
自律神経の働きが乱れ、血行が悪くなった結果起こります。

 

 

そうなると、体の細胞に栄養や酸素が届かなくなり、
余計な水分や老廃物が貯まります。

 

 

その結果、新陳代謝が悪くなり、さらに疲労物質がたまっていきます。

 

 

朝起きれないとか、体がだるい、
食欲がないなどの症状が続いている人は、慢性疲労や夏バテの可能性があります。

 

 

このような場合、生姜がお勧めです。

 

 

生姜には、自律神経の調節作用や、
血行促進による疲労軽減効果も期待できます。

 

 

生姜と疲れ・夏バテの対策

 

@生姜、ハチミツの組み合わせ

ハチミツはビタミンやミネラルが豊富で、糖分も吸収が良い食品です。

 

そのため、強力な疲労回復力を持っています。

 

生姜と併せることで疲労や倦怠感、夏バテを解消します。

 

 

A生姜、ゴマ、紅茶の組合わせ

ゴマには、リノール酸やオレイン酸、タンパク質、
疲労回復のビタミンB、老化予防のビタミンE、強壮作用の亜鉛が豊富に含まれています。

 

生姜と組合わあわせることで、ゴマの栄養が体中に行き渡るので、
疲労や倦怠感、夏バテの改善に効果的です。