生姜は食欲不振の場合に最適

生姜と食欲不振

生姜食欲不振の改善に効果があります。

 

 

食欲不振とは、食欲がすっかり失われてしまった状態のことで、
長く続くと、心身に悪影響を与える恐れがあります。

 

 

食欲不振の原因は様々です。

 

◆食欲不振の原因
@ストレス
食欲をコントロールしているのは、脳にある視床下部です。
しかしストレスや疲れが溜まると視床下部に影響し、食欲不振になります。

 

A生活習慣 (不規則な生活やアルコール)
生活習慣が乱れると、自律神経のバランスが崩れ、食欲不振へ繋がります。
また、アルコールの過剰摂取は内臓全般に負担がかかり、
内臓の機能が低下し、食欲低下につながります。

 

B病気によるもの
胃潰瘍 、十二指腸潰瘍 、胃炎 、胃がんなどの病気の場合、
胃の痛みや不快感、腹部膨満感、消化機能の低下などが食欲不振につながります。

 

 

食欲不振の症状は、まずは食欲がなくなり食欲が低下し、
食べ物がほとんど食べることができなくなります。

 

 

そのため、栄養失調など他の病気の恐れがあり、
食欲不振によってさまざまな症状も現れます。

 

 

食欲不振に伴う症状
・倦怠感
・頭痛
・めまい
・貧血
・吐き気
・睡眠不足

 

 

そもそも、食欲不振は、胃腸の働きを抑えることで、
他の臓器へ血液を送り免疫力を回復させようとする生体反応です。

 

 

つまり、病気を回復しようとする反応なのです。

 

 

そのため、極度の疲労や
病中、病後の時の食欲不振の場合は、
無理して食べる必要はありません。

 

 

ただ、理由もなく慢性的な食欲不振の場合は
内蔵全体の血流が悪くなっている可能性があります。

 

 

生姜で内蔵の血流を良くし、
内蔵の働きを活発にしましょう。

 

 

◆対策

 

@生姜、酢、ハチミツの組み合わせ
生姜は胃腸を温めて活発にします。

 

酢に含まれるクエン酸は、体内の疲労物質の分解を促進します。

 

ハチミツはビタミンやミネラル、
吸収率の良い糖分が含まれるため、胃腸に負担をかけません。

 

 

A梅、シソ、生姜、納豆の組み合わせ
梅やシソ、生姜の香り成分は
食欲を刺激して、胃腸を活発にします。

 

また、納豆に含まれる血液サラサラ成分が
生姜の血行促進成分との相乗効果で、さらに体の温め効果がパワーアップします。