生姜とむくみ

生姜とむくみ

生姜とむくみ

生姜とむくみの関係

生姜むくみの解消に効果があります。

 

 

むくみは、血流やリンパ液の流れが滞った場合に、
水分が何らかの原因によって、全身あるいは身体のある部分に留まってしまう症状です。

 

 

むくみが起こる原因として、以下のことがあげられます。

 

◆全身のむくみの原因

・塩分、糖分の過剰摂取

 

・冷え

 

・ストレス

 

・寝不足

 

・運動不足

 

・栄養不足

 

・生理

 

◆部分的なむくみの原因
@足のむくみ

・たちっぱなし、座りっぱなし

 

・女性の場合、ヒールの高い靴

 

A顔のむくみ

・アルコールや塩分、水分の過剰摂取

 

・寝不足などの生活習慣の乱れ

 

・サプリメントの取りすぎ

 

・冷え

 

・栄養不足

 

・慢性疲労

 

 

むくみは病気のサインとも言われています。

 

 

◆むくみから考えられる病気

 

@腎性浮腫

腎臓の異常により生じるむくみで、顔や手足にむくみの症状が現れます。
腎性浮腫が症状として現れる病気には、「急性糸球体腎炎」や、
「ネフローゼ症候群」、「糖尿病性腎症」などがあります。

 

A心性浮腫

心臓の機能が低下することで生じるむくみで、むくみが全身に及ぶこともあります。
心性浮腫が症状として現れる病気には、「慢性心不全」や「肺性心」などがあります。

 

B肝性浮腫

肝臓の機能の低下によって起こるむくみです。
肝性浮腫が症状として現れる病気には、「肝硬変」があげられます。

 

C内分泌性浮腫

「甲状腺機能低下症」にともなって現れるむくみがあります。

 

D栄養障害性浮腫

偏食などでビタミンB1が不足しているときに現れることのあるむくみです。
栄養障害性浮腫で考えられる病気には、「メネトリエ病」、「蛋白漏出性胃腸症」、
「ビタミンB1欠乏症」などがあげられます。

 

この他にも、静脈の血行不良による静脈性浮腫や、
リンパの流れが妨げられることで生じるリンパ性浮腫、妊娠中毒症でなどがあります。

 

 

このように、むくみにも様々ありますが、
一般的には、血行不良によるむくみが多いとされています。

 

 

むくみは余分な水分が体内に大量に溜まっている状態です。

 

 

夕方に足がむくむという人は、上半身に溜まった水分が
時間の経過とともに下がってくるのが原因です。

 

 

また、水太りの場合、その原因はむくみにあるとされています。

 

 

体内に溜まった水分は冷えの原因となり、
その冷えが代謝を悪くしてしまい、むくんで、また太るという悪循環になります。

 

 

ここで、生姜が効果を発揮します。

 

 

むくにを改善するには、生姜で体を温めて血行を良くし、
汗や尿で水分を排出することが必要です。

 

 

生姜とむくみの対策

@生姜、唐辛子、らっきょうの組み合わせ

らっきょうには、硫化アリルという成分が含まれ、発汗、利用を促進してくれます。

 

また、唐辛子に含まれるカプサイシンが体を温めて血行を良くしてくれます。

 

生姜を併せることで、発汗、利尿、温め作用がパワーアップします。