生姜とアトピー

生姜とアトピー

生姜とアトピー

生姜とアトピーの関係

生姜アトピーの軽減に効果があります。

 

 

アトピー性皮膚炎の主な症状は、簡単にいえば、長期的に続く湿疹のことです。

 

 

◆主なアトピー性皮膚炎の症状
@強いかゆみがある

出血してしまうくらい強く掻いてしまうこともある。

 

A湿疹が体の部位に左右対称に出る

額、目・口のまわり、耳、首、手足の関節部分に出やすい。

 

B長期的な症状

乳幼児は2ヶ月以上、成年では6ヶ月以上の長期的な症状が出ます。

 

 

◆アトピー性皮膚炎のの特徴

・カサカサ

 

・ゴワゴワ

 

・ジュクジュク

 

・ひどい赤み

 

・患部の盛り上がり

 

・硬い状態の湿疹

 

 

アトピーの原因は、子どもと大人では異なります。

 

 

子どもの場合は食べ物で、
大人の場合は周囲の環境、ストレス、ダニなどが原因です。

 

 

◆子どもの場合(食べ物が原因)

・卵(特に白身)

 

・牛乳、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)

 

・大豆(大豆油、豆腐、味噌など)

 

・小麦(パン、うどんなど)

 

・米

 

・エビ・カニ

 

・魚(サバ、サケ、マグロなど)

 

・ソバ

 

・落花生

 

 

◆ 大人の場合(環境が原因)

・ダニやハウスダスト(家のホコリ)

 

・カビや真菌(カンジダ、アスペルギウスなど)

 

・細菌(ブドウ球菌など)

 

・花粉(スギ、雑草など)

 

・ペットの毛(犬、猫など)

 

・ホルムアルデヒドなどの化学物質

 

 

◆アレルギー体質以外の原因

・ストレス

 

・乾燥肌

 

・清潔でない状態でいること

 

・不規則な生活

 

・睡眠不足

 

 

アトピーの主な治療法は、
かゆみの元となるヒスタミンの作用を抑えるために、
ステロイド剤が使用されているのが現状です。

 

 

しかし、このステロイド剤には副作用があり、
長期使用によって皮膚の再生機能が弱くなり、
ステロイドによる湿疹ができることもあります。

 

 

現在のアトピーの治療法は
治すのではなく、一時的に抑えるものです。

 

 

さらに、骨や軟骨がもろくなるという副作用が伴ってきます。

 

 

アトピー性皮膚炎は、体内の老廃物と水分が
排出されようとして起こる反応です。

 

 

その老廃物や水分をスムーズに排出するために生姜が最適です。

 

 

生姜には、血行を促進し、老廃物や水分の代謝に効果があります。

 

 

生姜とアトピーの対策

@生姜、シイタケの組み合わせ

シイタケ等のキノコ類には体内に溜まった毒素や老廃物を排出し
血液自体をきれいにする作用があります。

 

生姜にはキレイになった血液を循環させ老廃物や余計な水分を排出してくれます。