生姜で更年期障害を改善しよう

生姜と更年期障害

生姜更年期障害の改善に効果がありあります。

 

 

更年期障害は、更年期(45〜55歳)に生じる
自律神経失調症状と精神症状などの不定愁訴の総称と考えられます。

 

 

更年期になると、加齢によって、卵巣機能の低下し、
卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの量が減ります。

 

 

このエストロゲンの減少が、
自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。

 

 

また、更年期になると、心理的ストレスが
うつ症状や情緒不安定などの精神症状を引き起こします。

 

 

この自律神経失調症状と精神症状が、更年期障害の原因になります。

 

 

更年期症状には、個人差があります。

 

 

◆更年期障害の症状
・ほてり(ホットフラッシュ)
・のぼせ(顔がのぼせる)
・胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
・頻脈
・多汗
・めまい・ふらつき・耳鳴り
・体がだるい(倦怠感)
・疲れやすい
・肥満(太る)
・むくみ
・頭痛・頭が重い
・冷え
・肩こり
・腰痛
・手足のしびれ

・イライラ
・不安
・うつ
・神経質
・睡眠障害
・意欲低下
・月経異常
・不正出血
・吐き気
・嘔吐
・食欲不振

 

 

このように、更年期障害には様々な症状があります。

 

 

更年期障害の原因は、上記に挙げた以外の視点から見てみると、
子宮や卵巣の血行不良による冷えも挙げられます。

 

 

下腹部の冷えは、女性ホルモンの分泌が悪くなります。

 

 

こんな時は、生姜で下腹部温める必要があります。

 

 

生姜には、血流を促進し、血行を良くしてくれる効果があります。

 

 

生姜で体を温めるためには、
ショウガオールを摂取する必要があるので、必ず加熱して摂取しましょう。

 

 

◆対策

 

@生姜、ハッカの組み合わせ

 

シソ科のハッカには、血行を促進する働きがあります。

 

これに生姜の温め効果と血液の巡り効果を併せれば、
更年期障害特有の症状の改善が期待できます。

 

 

A生姜、シソの組み合わせ

 

シソの葉に含まれるペリルアルデヒドは
発汗、解熱、解毒作用がある他に精神安定作用があります。

 

生姜の温め効果と血液の巡り効果を併せれば、
更年期障害特有の改善が期待できます。