生姜は痛風の改善に効果敵

生姜と痛風

生姜痛風の改善に効果が期待できます。

 

 

痛風は、尿酸が体の中に蓄積し、
それが結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。

 

 

尿酸はプリン体が分解されてできる物質で、
喀血病などの病気で増えたり、ビール、魚卵などの
プリン体が多く含まれる食品の過剰摂取が尿酸値の上昇の原因です。

 

 

血液の尿酸値が高い状態が長くことを
高尿酸血症といい、痛風の原因になります。

 

 

尿酸は、通常であれば血液中に溶けており、
常に体内を循環していますが、体内の尿酸が増えると、血液中に溶けきれなくなります。

 

 

溶けきれなくなった尿酸が結晶化し、
関節などに沈着して関節炎を引き起こすのです

 

 

痛風は放置すると、激しい関節の痛みが慢性化したり、
体中に結節が出来たり、腎臓障害になったりするほど重大な病気でもあります。

 

 

◆痛風の初期症状
・膝や足の指(特に母指)に痛みや熱感を感じる
・膝関節などに炎症が発症する
・足の指などに変形がみられる
・立ち上がる際などに痛みを生じる
・痛みが長時間継続するがその後痛みは収まる

 

 

この初期症状を放っておくと重症化し、合併症を伴います。

 

 

◆痛風の合併症
・腎障害(最悪の場合、透析)
・尿路結石
・糖尿病
・高脂血症
・高血圧症
・虚血性心疾患
・脳血管障害
・脳梗塞
・心筋梗塞

 

 

痛風の予防や改善には、
血液中に尿酸を溜め込まないことが大事です。

 

 

生姜などの体を温めて
水分排出を促す食品を摂って、尿酸の排出を促しましょう、

 

 

◆対策

 

@ほうれん草、生姜、玉ねぎ、シイタケの組み合わせ

 

ほうれん草には尿酸の分解と排出を促す効果があります。

 

玉ねぎは、体を温め、利尿効果で尿酸を排出します。

 

シイタケは、尿酸で汚れた血液をきれいにして汚れを排出させます。

 

生姜の温め効果と利尿効果を併せると効果的です。

 

 

Aレンコン、生姜の組み合わせ

 

レンコンに含まれているタンニンという成分には
消炎・鎮痛作用があり、痛風にお痛みを抑えてくれます。

 

生姜の温め作用と排尿作用で尿酸を排出させます。