生姜は肝臓病の改善に効果的

生姜と肝臓病

生姜肝臓病の改善が期待できます。

 

 

肝臓はあらゆる栄養を貯蔵し、
薬成分や有毒物を解毒する働きがあり、常に動きっぱなしなのです。

 

 

そこへ、食べ過ぎや酒の飲みすぎ、
ストレスにより、肝臓の機能が低下してしまいます。

 

 

肝臓が悪くなると、肝炎、肝硬変、肝臓ガンなど
取り返しのつかない病気の原因になります。

 

 

そもそも肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起こった状態のことをいいます。

 

 

また、肝臓は炎症が起こっていることに気付きにくいという特徴があります。

 

 

◆肝臓病の原因
@ウイルス
肝炎ウイルスに感染することによって肝臓に炎症が起こります。
現在、A型、B型、C型、D型、E型、G型、TTV型などがあり、
特に、日本人に多いのはA型、B型、C型です。

 

Aアルコール性
長期間、酒などでアルコールを摂取し続けることによって起こります。
アルコールは肝臓でしか分解できないため、
長期的に大量のアルコールを摂取し続けると肝臓に大きな負担がかかります。

 

B薬剤の副作用
市販薬や処方箋などの薬剤の服用が原因で起こります。
薬剤自体の副作用からくる場合を中毒性肝障害といい、
薬剤成分のアレルギー反応による場合をアレルギー性肝障害といいます。

 

 

また、肝臓病における肝炎には、
症状や経過によって「急性肝炎」「慢性肝炎」「劇症肝炎」の3つがあります。

 

 

◆肝炎の症状
@急性肝炎
・肝臓の炎症が6ヵ月以内に治まるものです。
・風邪に似た症状に続き、黄疸などの症状が急に出現。
・適切な治療によって1〜2ヵ月で治ります。

 

A慢性肝炎
・肝臓の炎症が6ヵ月以上にわたって続きます。
・ 肝機能障害、肝臓の腫れが起こります。
・最悪の場合、肝硬変、肝臓がんに移行します。

 

B劇症肝炎
・急性肝炎のうち、肝細胞の破壊により肝臓の機能が維持できなくなった状態をいいます。
・黄疸の進行、腹水など肝不全状態が出現します。
・黄疸に加えて、吐き気や嘔吐、だるさが特徴です。
・劇症肝炎になると、うわ言、興奮・錯乱状態になりったりします。
・昏睡状態に陥って目覚めなくなるなど、意識障害が悪化します。

 

 

この肝臓病の改善には、生姜が良いとされています。

 

 

肝臓は、キレイで質の良い血液が循環すると、
肝臓の機能の活性化や肝臓の修復ができます。

 

 

生姜で血液循環を良くして、肝臓機能を活発化させましょう。

 

 

◆対策
@生姜、シジミの組み合わせ
シジミは以前から肝臓病に効果がある食品として有名です。

 

シジミに含まれるタウリン、メチオニン、コハク酸、オルニチンなど
肝臓病を改善する作用がたくさん含まれています。

 

生姜は血液循環を良くして肝臓の機能改善に効果があります。