生姜の摂取方法はこれがオススメ

生姜の摂取方法

生姜摂取方法は、
食事からの摂取方法とサプリメントからの摂取方法があります。

 

 

食事からの摂取方法の場合はいくつかのポイントがあります。

 

 

生の生姜を使う場合は皮付きのままで使いましょう。

 

 

生姜の皮の下には、ジンゲロールなどの有効成分が多く含まれています。

 

 

皮付きのままで使用する場合は、
国内産でなおかつ、無農薬栽培のものがいいでしょう。

 

 

また、調理方法としては
薄切りやみじん切り、すりおろし、なんでもOKです。

 

 

乾燥粉末の生姜の場合は
主に漢方薬の「ショウキョウ」として用いられ、生の生姜よりも効力は強いとされています。

 

 

その他、利用しやすいのがチューブタイプですが、
チューブタイプの生姜には酢酸などが加えられているので
生の生姜に比べれば効力は劣ります。

 

 

生姜の食べ方ですが、体を温めたい方は加熱して食べるほうがいいでしょう。

 

 

生姜に含まれるジンゲロールは、加熱するとショウガオールに変化していきます。

 

 

ショウガオールは特に体を温める効果が高いのが特徴です。

 

 

免疫力を高めて、風邪の予防や治したい方は生の状態で食べましょう。

 

 

使いかけの生姜は、空気に触れると効力が落ちますので
できるだけ空気に触れないようにして、
水に浸しながらの保存やすりおろした生姜ならば冷凍保存しましょう。

 

 

生姜のサプリメントからの摂取方法の場合は、
基本的には商品の摂取量を守ることや継続的に摂取することが重要です。

 

 

また、サプリメントの選び方として、製造元が信頼できる会社であること、
できれば製薬会社での製造が望ましいでしょう。

 

 

そして、商品自体のパッケージに生姜粉末が
どれくらい摂取できるのか成分表示がきちんと細かくされていることです。

 

 

テキトーな商品には、成分表示がなく、カロリー表示だけの商品もあります。

 

 

粗悪な商品では効果が望めませんので、きちんとしたサプリメントを選びましょう。