生姜の摂取量

生姜の摂取量

生姜の摂取量

生姜の摂取量と作用

生姜摂取量はどれくらいなのでしょうか?

 

 

生姜は食事やサプリメントなどで摂取できる身近な食品です。

 

 

また、医療用などにも広く使われています。

 

 

生姜には、冷え症改善、胃の健康、免疫力の向上、発汗促進、鎮咳、去痰、
解熱、血栓を予防、鎮痛作用、抗炎症作用、心臓を強化、吐き気を抑える、
めまいや耳鳴りを予防、抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用、コレステロールを安定、
抗酸化作用、アンチエイジング、うつ病を予防、デトックス作用などの効果があります。

 

 

このような、効果・効能があるため、最近では人気の食品の1つです。

 

 

ただし、生姜の効果・効能がうまく作用するには、
生姜の摂取量が重要なポイントになってきます。

 

 

生姜の1日あたりの摂取量

生姜は1日あたり、どれくらいの摂取量が理想なのでしょうか?

 

 

サプリメントでの摂取の場合は、
サプリメントに記載されている摂取量を守らなければなりません。

 

 

しかし、食事で摂取する場合は、1日の摂取量に特に制限はありません。

 

 

では、好きなだけ摂取してもいいのかといえば、そうではありません。

 

 

どれだけ安全なものでも過剰摂取は悪影響をあたえる可能性があります。

 

 

1回の摂取量あたり、約10gの生姜が理想とされています。

 

 

約10gというと、親指の第一関節くらいまでの大きさで、
スライスだと6枚くらいに相当する量です。

 

 

すりおろした場合は、大さじを軽く一杯(10cc)くらいです。

 

 

生姜の絞り汁であれば、小さじ1杯(5cc)くらいです。

 

 

冷え性の改善などの体質改善を望むならば
この1回の摂取量を、少なくとも1日あたり3〜5回は摂取しましょう。

 

 

1日一回だけでは、あまり効果が出ない可能性があります。

 

 

ポイントは一回に多量を摂取するのではなく、
少量を数回に分けて摂取することが大事です。

 

 

また、生姜を乾燥させた粉末で摂取する場合もあるかと思います。

 

 

粉末の場合、約1gが生姜の約10gに相当します。

 

 

生姜の一日の摂取量のまとめ

・1回の摂取量あたり、約10gの生姜
 (スライスだと6枚くらいに相当する量)

 

・すりおろした場合の1回の摂取量は、大さじを軽く一杯(10cc)

 

・生姜の絞り汁での1回の摂取量は、小さじ1杯(5cc)

 

・粉末の場合の1回の摂取量は、約1g

 

・1日あたり3〜5回は摂取しましょう