生姜の効果・効能

生姜の効果・効能

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

生姜の効果・効能

生姜の効果・効能はすごい

生姜効果効能は有名で、
中国では紀元前500年頃には薬用に利用されていました。

 

 

また、現代においても医療用の漢方薬や健康食品に広く使われています。

 

 

生姜の効果・効能の中心となるのは
ショウガオールという体を温めてくれる成分とジンゲロールという免疫力を高める成分です。

 

 

ショウガオールは、血行を良くして体温を高め、
脂肪や糖の代謝を促進してくれるのでダイエットしたい方に適しています。

 

 

また、血液サラサラ効果もあるので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

 

ジンゲロールは、免疫細胞である白血球を増やして免疫力を高めてくれます。

 

 

免疫力が高まると、風邪やインフルエンザ、ガンの予防にもなります。。

 

 

生姜のケース別の効果・効能

生姜で冷え症改善

生姜を加熱したり乾燥させたりすると、生姜の成分である
ジンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。

 

ショウガオールはジンゲロールよりも、
体を温める作用が強いので、冷え性の改善に効果的です。

 

また、膝や腰などの関節の痛みは、体の冷えが原因で起こるため、
体を温めることで関節の痛みを和らげることができます。

 

生姜の保温効果は3〜4時間ほど継続するといわれています。

 

ただし、生姜の摂取方法に注意が必要になります。

 

生姜は生のまま食べると、解熱作用により、
冷え性の方の体を、さらに冷やしてしまう恐れがあるのです。

 

体を温めたい場合は、必ず生姜自体に熱を加えるか
乾燥させた粉末で摂取する必要があります。

 

生姜と冷え症

 

生姜で胃を健康に

胃の弱い方は、生姜のような刺激のある食物を避ける傾向があります。

 

ところが、これはまったくの誤解で、
胃の弱い方ほど、生姜を摂取したほうがいいとされています。

 

生姜は胃腸の内壁の血行を良くし、
胃腸の働きを活発にして食べ物の消化吸収を高めます。

 

また、生姜にはジンジベインというたんぱく質分解酵素も含まれており、
胃腸の消化を助けるため、胃腸の負担を軽減してくれる働きもあります。

 

さらに、生姜には胃潰瘍を抑え、
ヘリコバクター・ピロリ菌を殺菌する効果があります。

 

生姜と胃潰瘍

 

免疫力の向上

生姜には免疫力を向上させる効果・効能があります。

 

生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、
「生の生姜」に多く含まれている辛味成分のひとつです。

 

ジンゲロールは酸化しやすく、空気に触れて約3分後には減少します。

 

よって、ジンゲロールを摂取する際には、しょうがに熱を加えたり、乾燥させたりせず、
食べる直前にすり下ろすことで、より効果的にジンゲロールを摂取することができます。

 

ちなみに、ショウガオールに比べ、免疫力の向上効果は高いので、
病気の予防をしたい方は、生で摂取するようにしましょう。

 

ちなみに、冷え性の方は生のままで生姜を食べると
解熱作用のほうが強く働くため、冷え性が悪化する可能性があります。

 

生姜でガンを予防

生姜はガンの予防に効果があるとされています。

 

特にガンが発症しやすい方の場合、
血行不良による冷えをが原因で、免疫力が低いという特徴があります。

 

平熱として約36.5〜37度のあたりが、免疫力が一番強いとされています。

 

しかし、平熱が35度台の低体温だと、
体の機能は低下し、免疫力が下がってしまいます。

 

ちなみに体温が1度下がると、
代謝は15%、免疫力は約30%も低下します。

 

そして、体温が35度台というのは、
ガン細胞が最も活発化し、成長しやすい体内環境なのです。

 

実際のところ、自然発生的に
ガンにかかった方の9割以上が低体温の状態でした。

 

逆をいえば、ガン細胞は、熱に弱い細胞のため、
ガンの予防の為には体温を上げることが重要になるのです。

 

生姜には、血行促進の効果や
体を温める効果があるので、免疫力を上げたい方は生姜が最適です。

 

ただし、冷えからくる免疫力が低い方の場合、
生姜の摂取方法に注意が必要です。

 

生姜は生のまま食べると、解熱作用により、
冷え性の方の体を、さらに冷やしてしまう恐れがあるのです。

 

そのため、体を温めたい場合は、必ず生姜自体に熱を加えるか
乾燥させた粉末で摂取する必要があります。

 

生姜を加熱したり乾燥させたりすると、生姜の成分である
ジンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。

 

ショウガオールはジンゲロールよりも、体を温める作用が強いので、
冷えからくる免疫力の低下を改善することができます。

 

 

その他の生姜の効果・効能

・発汗促進

 

・咳、喘息

 

・痰をとる

 

・解熱

 

・血栓を予防

 

・鎮痛作用

 

・抗炎症作用

 

・心臓を強化

 

・吐き気を抑える

 

・抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用

 

・コレステロールを安定させる

 

・抗酸化作用でアンチエイジング

 

うつ・自律神経失調症

 

・デトックス作用

 

肩こり

 

頭痛、腹痛

 

腰痛、ヒザ痛

 

疲れ、夏バテ

 

風邪、インフルエンザ

 

便秘下痢

 

二日酔い

 

食欲不振

 

胸やけ胃潰瘍

 

不眠症

 

めまい、耳鳴り

 

貧血

 

アトピー

 

更年期障害

 

高血圧、動脈硬化

 

肝臓病

 

糖尿病

 

胆石

 

痛風

 

生姜を上手に生活に取り入れるだけで、
様々や効果・効能や薬効が期待できますので、積極的に生姜を摂取しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連記事

生姜とは
様々な効果・効能がある生姜とは、いったいどのようなものなのでしょうか。また、生姜にはどのような種類があって、どのような効果・効能があるのでしょうか。
生姜の副作用に注意
食品や漢方など、幅広く利用されている生姜に、副作用葉あるのでしょうか。生姜に副作用があるとすれば、どのように気をつければよいのでしょうか。
生姜の摂取方法
生姜には、様々な摂取方法があり、間違った摂取方法は逆効果の可能性もあります。生姜の効果・効能を得るためには、正しい摂取方法を学びましょう。
生姜の摂取量
生姜の効果・効能を効率的に得るためには、生姜の摂取量はどれくらい必要なのでしょうか。生姜の摂取量を守って、生姜を上手の活用しましょう。
生姜の栄養成分
様々な健康効果がある生姜には、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか。生姜の効果・効能の秘密は、生姜に含まれている成分にあります。
生姜 ドリンクレシピ
生姜ドリンクのレシピで、手軽に生姜を摂取しましょう。生姜を飽きずに、簡単に取り入れるためには、生姜ドリンクを作ってみましょう。