生姜と冷え症

生姜と冷え症

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

生姜と冷え症

生姜と冷え症の関係

生姜冷え症の予防や改善に有効です。

 

生姜の効果・効能

 

冷え症とは、身体自体は寒さを感じないのですが、
手・足・腰など身体の一部が、特に冷たくなる状態をいいます。

 

 

人は、自律神経の働きによって体温を調節していますが、
真夏の屋外と冷房の効いた室内のような温度差が激しい場所では、
自律神経バランスを崩しやすくなり、体温調節がうまくいかなくなります。

 

 

ちなみに、体温が36度未満の場合「低体温」といわれますが、
冷え性は、低体温と違い「体温が何度以下」、という条件はありません。

 

 

冷え性は、寒さを感じないくらいの温度でも、
手足、下半身など体の一部、もしくは全身が冷えてしまう症状です。

 

 

冷え性は万病の元ともいわれ、
肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの原因となります。

 

 

例えば、冷え症は不妊の原因の一つとも考えられています。

 

 

冷え症は女性に多く、血行不良や更年期などが関係していると考えられています。

 

 

冷え症の症状としては、手足の末端の冷え、体内の冷え、肌荒れ、生理痛、
生理不順、頭痛、めまい、腹痛、体のだるさ、不眠、自律神経の不調などが起こります。

 

生姜と冷えの原因

 

 

冷え性の種類

四肢末端型冷え症

血液が身体の中心に集まり手足が冷たくなっている状態です。

 

食事量が少なく体を温める熱を十分作り出せないことが原因です。

 

代謝が落ちているので、体温を上げるようにタンパク質を摂取する必要があります。

 

下半身型冷え症

下半身型冷え症は、中高年男女や、
更年期障害の女性に多く、冷え症の6〜7割を占めます。

 

「上熱下寒」とも呼ばれ、下半身は冷える一方で、
顔や上半身はのぼせて発汗している“冷えのぼせ”の状態になります。

 

原因のひとつには、坐骨神経などの圧迫により、
下肢の交感神経が緊張し、血管が収縮により血行不良になることです。

 

内蔵型冷え症

四肢末端型と反対に、内蔵型冷え症は身体の中が冷え、
表面に熱が移動するので、表面や手足が熱くなるタイプです。

 

「隠れ冷え性」とも呼ばれる内蔵型冷え症は、30代以降の女性に多く見られます。

 

内蔵型冷え症は、手足や体の表面には冷えを感じにくいため、
ほとんどの方は、冷え性であることを自覚できないとされています。

 

しかし、ほうっておくと内臓は冷え続け、
自律神経の乱れや、内臓機能の悪化の原因にもなってしまいます。、

 

全身型冷え症

全身型冷え症は、常に体温が低く、夏でも寒さを感じるタイプの冷え性です。

 

年齢層を問わず多くみられ、自覚症状がないケースも多いです。

 

ほうっておくと、慢性的なだるさなどの全身型の症状や
免疫力の低下などの身体機能の低下の原因にもなります。

 

全身型の冷え性の原因としては、
過剰なダイエット、不摂生や食事量の不足などによる基礎代謝の低下です。

 

また、体質や服用薬の影響などによって、全身が冷えてしまうケースもあります。

 

 

冷え症の原因

・ミネラル、ビタミンは不足傾向

 

・冷たい食べ物、飲み物や甘い食べ物の食べ過ぎ

 

・夏の野菜や果物の過剰摂取

 

・筋トレを伴わない、食事制限だけのダイエット

 

・冷暖房の使いすぎによる、体温調節機能の不調

 

・運動不足による筋肉量の減少

 

・薄着

 

・喫煙

 

・過度のストレスによる血行不良

 

・便秘

 

・遺伝的要因

 

・たんぱく質の摂取量不足

 

・アルコールの過剰摂取

 

・シャワーのみで、湯船につからない

 

 

生姜で冷え性の改善

冷え性は、冬だけでなく、季節にかかわらず悩ませられる病気です。

 

 

西洋医学においては、冷え性は病気とはされていませんが、
東洋医学においては、あらゆる病気の原因とみられています。

 

 

冷え性の改善には、様々な方法がありますが、
やはり、体の内側から改善していかなければいけません。

 

 

そのために効果的なのが生姜であるといわれています。

 

 

生姜には、血流を促進し、血行を良くしてくれる効果があります。

 

 

生姜で体を温めるためには、
ショウガオールを摂取する必要があるので、必ず加熱して摂取しましょう。

 

生姜の摂取方法

 

生姜と冷え症の対策

@ネギ、生姜、味噌の組み合わせ

ネギにはアリシンという成分があり、温める作用や発汗、利尿作用がありあます。

 

また、アリシンは強い抗菌作用を持っており、食中毒の予防に効果があるとされます。

 

そして、生姜と併せることで、さらに抗菌作用が強くなります。

 

味噌はコレステロールをコントロールするほか、
消化促進、老化防止、脳の活性化、整腸作用などがあり、
体温にかかわる基礎代謝の上昇にも関与すると言われています。

 

 

A生姜、日本酒の組み合わせ

日本酒は体を温めて、血液循環を良くする働きがあります。

 

日本酒は米や米麹を発酵させて作りますが、
その製造工程で「アデノシン」という成分が含まれるようになります。

 

アデノシンには血管の収縮を妨げる効果があるため、
日本酒飲んだ後でもしばらく血管が拡張したままになります。

 

結果として、体がポカポカ状態を保ったまま、温かさが持続できるのです。

 

これに生姜が加わると、さらに温め作用は倍増します。

 

また、日本酒には疲労回復、リラックス作用があります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連記事

生姜と冷えの原因
生姜は、冷えの改善に効果があるとされていますが、そもそも、冷えの原因は何なのでしょか。生姜は、冷えの改善にそのように関わっているのでしょうか。
生姜と肩こり
生姜は、肩こりの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして肩こりに作用するのでしょうか。生姜を使った、肩こりの対策方法も実践しましょう。
生姜と頭痛・腹痛
生姜は、頭痛・腹痛の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして頭痛・腹痛に作用するのでしょうか。生姜を使った、頭痛・腹痛の対策方法も実践しましょう。
生姜と腰痛・ヒザ痛
生姜は、腰痛・ヒザ痛の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして腰痛・ヒザ痛に作用するのでしょうか。生姜を使った、腰痛・ヒザ痛の対策方法も実践しましょう。
生姜と疲れ・夏バテ
生姜は、疲れ・夏バテの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして疲れ・夏バテに作用するのでしょうか。生姜を使った、疲れ・夏バテの対策方法も実践しましょう。
生姜と風邪・インフルエンザ
生姜は、風邪・インフルエンザの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして風邪・インフルエンザに作用するのでしょうか。生姜を使った、風邪・インフルエンザの対策方法も実践しましょう。
生姜と便秘
生姜は、便秘の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして便秘に作用するのでしょうか。生姜を使った、便秘の対策方法も実践しましょう。
生姜と下痢
生姜は、下痢の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして下痢に作用するのでしょうか。生姜を使った、下痢の対策方法も実践しましょう。
生姜と二日酔い
生姜は、二日酔いの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして二日酔いに作用するのでしょうか。生姜を使った、二日酔いの対策方法も実践しましょう。
生姜と食欲不振
生姜は、食欲不振の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして食欲不振に作用するのでしょうか。生姜を使った、食欲不振の対策方法も実践しましょう。
生姜と胸やけ
生姜は、胸やけの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして胸やけに作用するのでしょうか。生姜を使った、胸やけの対策方法も実践しましょう。
生姜と胃潰瘍
生姜は、胃潰瘍の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、胃潰瘍に作用するのでしょうか。生姜を使った、胃潰瘍の対策方法も実践しましょう。
生姜と不眠症
生姜は、不眠症の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、不眠症に作用するのでしょうか。生姜を使った、不眠症の対策方法も実践しましょう。
生姜とめまい・耳鳴り
生姜は、めまい・耳鳴りの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、めまい・耳鳴りに作用するのでしょうか。生姜を使った、めまい・耳鳴りの対策方法も実践しましょう。
生姜と貧血
生姜は、貧血の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、貧血に作用するのでしょうか。生姜を使った、貧血の対策方法も実践しましょう。
生姜とアトピー
生姜は、アトピーの予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、アトピーに作用するのでしょうか。生姜を使った、アトピーの対策方法も実践しましょう。
生姜と喘息
生姜は、喘息の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、喘息に作用するのでしょうか。生姜を使った、喘息の対策方法も実践しましょう。
生姜とうつ・自律神経失調症
生姜は、うつ・自律神経失調症の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、うつ・自律神経失調症に作用するのでしょうか。生姜を使った、うつ・自律神経失調症の対策方法も実践しましょう。
生姜と高血圧・動脈硬化
生姜は、高血圧・動脈硬化の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、高血圧・動脈硬化に作用するのでしょうか。生姜を使った、高血圧・動脈硬化の対策方法も実践しましょう。
生姜と更年期障害
生姜は、更年期障害の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、更年期障害に作用するのでしょうか。生姜を使った、更年期障害の対策方法も実践しましょう。
生姜と肝臓病
生姜は、肝臓病の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、肝臓病に作用するのでしょうか。生姜を使った、肝臓病の対策方法も実践しましょう。
生姜と糖尿病
生姜は、糖尿病の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、糖尿病に作用するのでしょうか。生姜を使った、糖尿病の対策方法も実践しましょう。
生姜と胆石
生姜は、胆石の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、胆石に作用するのでしょうか。生姜を使った、胆石の対策方法も実践しましょう。
生姜と狭心症・心筋梗塞
生姜は、狭心症・心筋梗塞の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、狭心症・心筋梗塞に作用するのでしょうか。生姜を使った、狭心症・心筋梗塞の対策方法も実践しましょう。
生姜と痛風
生姜は、痛風の予防や改善に効果が期待されています。生姜が、どのようにして、痛風に作用するのでしょうか。生姜を使った、痛風の対策方法も実践しましょう。